アンティークカット 梁

手刻みの魅力

様々な分野での機械化が進む現代、家造りにおいても機械加工の発展は素晴らしいものがあります。ですが、弊社ではまるで時代に逆行するかのように、手で刻むことを選択しています。  

それはどうしてか?  なぜなら機械には考えがないから。そして私達人には考える力があるから。 木の性質を見て感じて、何処にどう使おうか?継ぎ手はどうしようか?組み方は?このようにして、力の流れ具合や材料の性質をよみ、リアルタイムで加工していく。そういう手刻みの本質には機械ではかなわないと思うのです。   

柱、梁、土台、一本一本職人の手で刻むことでその家に対する愛情、愛着も湧き、人の手が加わった分、家の価値を高めることにも繋がっていくのだと、考えます。    もちろん機械を全く使わないというわけではありません。CADを使って図面も描きますし、パソコンを駆使して計算もします。インパクトドライバーや丸鋸も使います。本当に便利な時代です。   

この便利さの中に置いてきてしまいがちな、考えるということ、そこから生まれるオリジナリティ溢れるアイディア達、これらを置き忘れることなく、オリジナルの物づくりを追求していくことが大切なのだと感じます。   

手刻みには 沢山の心が詰まっている。  それがとても魅力的なのです。

電話をかける