biscuits house

ビスケット ポスト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
内装
 
 
 
 
歌手のAikoさん が大好きなご夫婦。
 
 
そんなお二人のチョイスした
可愛いテイストがふんだんに散りばめられています。
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リビングから アーチの入口をくぐって各部屋へ移動。

手前のアーチは、階段下にある書斎へとつながっています。

 

奥に見えるのは、パントリーへの入口です。

 

 

 

 

 

 

ロジェール コンロ

レトロなコンロ

 

ロジェールのレトロデザインのコンロに UNICOの食器棚、その間は造作で棚を造り埋めました。

天板にはタイルを使用。

換気扇はウッドワンの換気扇。

隙間にジャストサイズの縦長収納を設置。市販の家具と現場造作のコラボで、違和感なく納めることが出来ます。

 

 

背面収納

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイランドキッチン タイル

 

 

 

アイランドキッチンの側面には本棚を。

雑誌や料理本など 最近ではPad置場なんかにもいいですね。

奥行8センチくらいですが、ちょっとあるだけで重宝な棚です。

角にある柱は梁を支える構造の一部でもあるので抜くことが出来ない柱なのですが、アイランドキッチンがぴったり納まっていることで、出っ張ることなくデザインの一部になっています。  お子様の身長を刻んだり、モノを飾ったりするのにうってつけの柱。一家に一本いかがですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

パントリー

パントリー

キッチンのすぐ横の、2畳のパントリー。

白い食器棚は引っ越し前のアパートで使っていたものを持ち込み設置。

それに合わせてコーナーの回転ラックや、収納棚を造りました。

コーナーの回転金物はお施主様が横浜のIKEAに行った時に買ってきて頂いたものを少し改造して付けました。

デッドスペースになりがちなコーナーが力を発揮してくれています。

 

 

 

アーチ越しに見るメルヘンチックなキッチン・・・

パントリー

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
階段 手摺玄関 土間
 

アーチ

アーチの入口にあわせて 玄関ホールの床や 階段袖壁も 丸い形、ビスケットのふちのようなイメージに加工。
職人の腕が鳴るデザインです。
 
奥には収納力大の土間収納を設置。
靴から、アウトドア用品、傘、カッパなど色々なものが収納できます。
 

 

 

 

寝室

 

 

 

ロフト付きの寝室。

奥の腰壁はレッドシダーを。

レッドシダーは自然な色の違いが楽しめる面白い木材なので ちょっと使うだけでガラッとイメージが変わります。

壁一面であったり、天井一面だったりと 使う場所は様々です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住むほどに愛着の沸く家

 

 

リビングの壁は珪藻土。

お施主様自ら 壁を塗ってみたいということで、リビングの1面を仕上げて頂きました。

塗りてによって模様のつき方が違って見えて、またそれが味になります。

住むほどに愛着のわく家、をテーマにはじまった家づくり。住む前から愛着がわいてきますね。

 

 

 

 

 

ガルバリウム 外観

パッシブデザイン

他にも、24時間換気システムを導入して、冷暖房負荷の軽減も実現し、省エネを実現しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入った方はシェアしてくださいね。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る