丁子屋 広重ブルー 梅

丁子屋 浮世絵厠

広重ブルー  

丁子屋様の2階にある厠を改装させて頂きました。400年以上続くとろろのお店ですが、当初はおそらくお客様用トイレなどはなかったのではないのでしょうか?

浮世絵の丸子宿にも登場する茅葺屋根のとろろ屋さんということもあり、浮世絵を厠で表現すべくデザインをしていきました。

丁子屋様ホームページはこちら

 

丁子屋トイレリノベーション、広重ブルーの浮世絵厠

 

壁は広重ブルーとも言われている、青色に。

この頭に巻いている布のブルーが浮世絵に使われている顔料と同じもののようで、その当時の世界のつながりかたが今現在色によって想像できるということが、とても面白く、興味深いです。

今ではネットなどで世界との距離感は近いものになっていますが、当時の時代でこの色に出会った時の絵描きたちの反応はそれはもう、天と地がひっくり返るくらいのそういったくらいのインパクトがあったのではないでしょうか?

この広重の浮世絵には、欠かせない深みのある色で静かな浮世絵の夜を表現しています。

 

真珠の耳飾りの少女 フェルメール

 

その夜の壁の中には、 薄暗闇にうっとりゆれる梅の花を塗り壁で立体的に描き、下には花瓶を添えました。

ゴッホも模写したと言われている浮世絵の梅。その梅をオマージュしてこの広重ブルーの壁へ。いわば 日本から一度海を渡り、日本の丸子にたどり着いた逆輸入の梅ということになります。

この梅を眺めて、見る人それぞれに「 梅物語 」を想像していただけたらなと・・・十人十色の梅。

 

丁子屋トイレリノベーション、広重ブルーの浮世絵厠、花瓶と梅の花
丁子屋トイレリノベーション、広重ブルーの浮世絵厠、梅の花

 

  

 

丁子屋トイレリノベーション、広重ブルーの浮世絵厠 亀

 

足元には悠々と歩く亀の姿が。縁起物として昔から色々なところに登場する亀。絵の中から飛び出してきたのか、逆に絵の中に飛び込んでしまったのか・・・??

そんな不思議な感覚を味わえる、 浮世絵厠。

丁子屋様の12代目の生前の言葉で非常に印象に残っている言葉があります。

「 前途は洋々たるもんだ。 」

今後の人生が大きく開けていて、希望に満ちあふれているさま。▽「前途」は将来、目標までの今後の道のり。「途」は道のりのこと。「洋洋」は水があふれるように一面に満ちている様子。前途が大きく広がっていることを表す。(goo辞書参照)

この言葉の響きが当時の私にグサッとささり、今でもずっと心に残る言葉として時々ふと思い出されるのです。

ゆっくりと歩いていくこの亀の行く先にもそんな光景が広がっているのだろうと、なにか期待を抱かせてくれる亀であります。

 粋

個別ブースの壁には檜の板をあしらい、ほんのりといい香りが漂う癒しの空間。

天井に付くダウンライトも写真ではわからないのですが、フレームの内部が微妙にブルーがかっているダウンライトです。表面には現れてこない隠れたこだわりです。

 

 

丁子屋トイレリノベーション、広重ブルーの浮世絵厠

 

 一歩 中へ入ると

ドアの裏には 着物の帯飾りを。

 

丁子屋トイレリノベーション、広重ブルーの浮世絵厠、帯飾り

 

江戸時代の 「粋」   当時の江戸では、着物の裏地を綺麗な柄にしたりして、隠れたおしゃれを楽しんでいたのだそうです。

その心を、ドアの裏側で表現しました。

裏地がお洒落な洋服ありますよね?そんなイメージです。

 

丁子屋トイレリノベーション、広重ブルーの浮世絵厠、帯飾り

  

続いて 奥の白い壁をご覧ください。真ん中右隅の模様が小さく描かれているのがご覧いただけますか?

これは広重の絵に出てくる、人物が着ている服に、時々見られる家紋です。

カタカナで ヒロ と読めますよね?

広重の遊び心がひしひし(ひし形だけに)と伝わってくるこのデザイン。これまた粋を、感じさせるこの家紋。隠れ家紋として各ブースの何処かに刻まれています。ぜひ探してみてください。

 

丁子屋トイレリノベーション、広重ブルーの浮世絵厠、広重 家紋

  

 

世界で一番大げさな出口

東海道五十三継について、あらためて感じたこと。

それは、やはり人生とは旅であるということ。

旅先の空気を切り取っては、思い出にして、 良いことも、困難も、味わっていく。

時にはとろろのような粘り強さも必要になり。 粘り強く、そしてさらさらっと生き抜いていく。

そして、厠を体感して出ていくとき 、必ず この 「 戸 」 と向き合うのです。

節目節目で現れる新たな出会いへと続く入口。出口であり入口である戸を前にして、ひと呼吸。自分と向き合い覚悟を決めて、一歩前へ。

進むばかりが道ではないのですが・・・一歩前へ。

厠とは思えないほど、世界で一番大袈裟な、出口です。

 

丁子屋トイレリノベーション、広重ブルーの浮世絵厠、トイレ 引き戸

 

丁子屋トイレリノベーション、広重ブルーの浮世絵厠、福寿印

 

馬鹿印

???

っと一歩踏み出す前に。

馬?  鹿?

これは 広重デザインの烙印、福寿印と呼ばれるものです。

 

丁子屋トイレリノベーション、広重ブルーの浮世絵厠、福寿印

 

別名 馬鹿印 とも呼ばれているようですが、福をくずしたものが 鹿の絵に、寿をくずしたものが 馬に、馬鹿 と 福寿。

このデザインにも広重の人柄を感じますね。

外からは 馬鹿がひっくり返って鹿馬となるように、建具を切り抜きました。

入る時は、何だこれは?ですが、出ていくときには、お客様一人ひとりが烙印をいやがおうにも、押していくようになります。

そうです、この空間に飛び込んだ瞬間、あなたがこの絵の主人公となり風景をつくっていく。右往左往して・・・試行錯誤して・・・

こうしていつのまにか絵を描き上げて完成の出口に近づいていく。

浮世絵厠はお客様の数だけ存在する。

 

 

 

東海道の地図のような、土間のひび割れ。

 

丁子屋トイレリノベーション、広重ブルーの浮世絵厠、土間



丁子屋トイレリノベーション、広重ブルーの浮世絵厠、広重ブルー 提案

 

丁子屋トイレリノベーション、広重ブルーの浮世絵厠、店舗 トイレ

 

気付かずに描き上げた一枚の絵を心にしまって、

また新たな旅の始まりへ・・・・・

*****************************************************

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る