3世帯外構リノベ―ション

カーポート

 

 

 

 

 

 

このゴールは 高さも簡単に変えられるほか、アームの向きとボードの向きもかえられるため

いろんな場所に設置して 使うことができます。

バスケの本場 アメリカのように 日本は 住宅の敷地が広くないため

このゴールであれば、スペースが少ない場所でも設置OK。

バスケットを エンジョイできますね。

 
 
 
 
 

   ↓は 木の移植です。

木の移植  植木

 

もともと 庭に植えてあった木を 一時保管しておき、完成とともに 移植します。

 庭スペースも、すべてなくすのではなく

少し小さくなって うまれかわりました。

外構

ブロックには お子様たちが ビー玉で

デコレーションしてくれています。

並べるだけだから簡単と思いきや

単純なほど難しい。

外構工事  ブロック

 

 

庭   土間コンクリート

 

 オリジナルの

綺麗な柄が 完成しました。

 

今回

駐車場の間口を 1.5メートル広くしたので

車が楽に出入りすることができます。

 
 

道路と 建物地盤 に 70センチ程落差があるので

勾配の取り方が難しい外構でした。

急すぎると 車のバンパーがすってしまうおそれもありますし

緩すぎると 道路との境に大きな段差ができてしまう。

バスケットゴールを設置したため

平らな部分もなるべく広く必要。

これらを両方絶妙なバランスで 実現する為、

高さ設定は試行錯誤しました。

 

 

 

 

 

 

コンクリート打ち

 

 

結果 その両方を 絶妙なバランスで 実現することができたと思います。

写真ではわからないのが 残念なのですが、

ほんのりと 丸みをおびた 高低差をつなげる 坂道に

職人の 腕っぷし を感じられる そんな外構です。

 

 

バスケットボールコート

 

 

この記事が気に入った方はシェアしてくださいね。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る