Full order
~オートクチュールな家づくり~
No.3 間取りを考える

土地が決まりましたら、いよいよ間取りを考えます。間取りは簡単そうでとても奥が深い。家づくりにとっては核となる部分で、間取りの工夫が家に命を吹き込みます。特に自然のエネルギー、例えば陽の光の取り込み方や、遮り方。風の通り道のつくり方などは、それように考えた間取りでなければ効果が期待できません。

この自然の力を利用した間取りやデザインのことをパッシブデザインの家と言います。パッシブ=受け身とあるように少し弱々しさも感じられますが、もし自然のエネルギーだけで過ごすことが出来るのであれば、それが一番クリーンで地球にとっては一番力強いことなのかもしれないですね。ただ、このパッシブデザインで物凄くエネルギー効率の良い家をつくるとなると、土地探しでかなりの好条件のところを探さなければなりません。ですのでなかなか市街地などでは実現が難しい部分もあるのですが、なるべくこの考えに基づいて陽の入りにくそうな立地の場合でも、なんとか工夫して、少しでも自然のエネルギーを取り入れられるように間取りを考えます。

そうすることでその土地にしか建つことができない間取りの家が出来上がります。

間取り.jpg

 

 

情報社会ですのでたくさんの間取りがネットを飛び交っていますが、知恵を振り絞って出てきた間取りは似ているものがあったとしても、それはやはりオリジナルですね。愛着がわきます。

もちろん構造にも大きな影響を与える間取りですので、木造の場合は上下の柱や壁の力関係、梁のかけかた、継手の補強これらも間取りと同時に考えていきます。1階を考えながら2階を、2階を考えながら1階を。上の力がうまく、無理なく下へ伝わるように、平面だけど立体的に。

プラスお客様のご要望を取り入れながら試行錯誤してご提案させて頂きます。

間取りは家づくりの命と言っても過言ではないくらい、大切なものです。

 

間取り2.jpg